さまよう旅人 繰るも巡るも 螺旋の季節
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:03:15
とうとう2話遅れになってしまった・・・サクサク行こう!!

『今日の属性攻撃』

「ご褒美・・・あげる」

だ、だめだこれは~~~!!!!
ハートを3回くらい撃ち抜かれた感覚だぜ・・・。
ダダダダダッ (-_-)┳*----------*)゚ロ゚) ウギャァァ!!
ふっ、悔いは無し・・・。


撃ち抜かれたヤツは放置して続きを読む。Σ( ̄ロ ̄lll)ナンデストー!!
変態兄妹につかまってしまったシャナ!
そしてソラトに『贄殿遮那』奪い取られてしまう。そんな兄に妹はいつものご褒美である熱いキスを交わす。
(糸つき・・・生生しすぎる・・。納豆は事前には食べないようにしましょう!!ソレチャウワ!( *゚∇)/☆(ノ゚⊿゚)ノハウッ! )
それを見たシャナは、千草の「キスは誓いのようなもの」という言葉を思い出し

「それは違う!」

とツッコミ!!ヾ(・・ )ォィォィを入れてみたが「変態ーズ」にとってはキスは「愛を謳歌する」ものでしかなく、論議は平行線を辿る一方なので、このへんで。

つかまっているシャナを切り刻もうとする兄ソラトであったが、そんな折に突如、爆発が起こる。
(シャナの服が刻まれた展開は、ドキッとしましたね。エロゲをやりすぎたぜ・・・orz まだそんな感覚が残っていたとは・・不覚!)
マージョリードーと悠二のタッグによって次々と、変態兄妹の拠り所である『燐子』がつぶされていっていたのである。

権勢逆転(?)と思ったシャナはふんだんに力を出し、自力で脱出。
ソラトをソラトの剣『ブルート・ザオガー』で斬りつけ『贄殿遮那』を取り返し、いらなくなった『ブルート・ザオガー』でティリエルを突き刺す。

・・・すげえ・・・。全然容赦あらへん・・・。「(´へ`;ウーム

さらに加えて、爆発を起こさせるシャナ。
もはや跡形も無く消し去ったかと思われたが、ソラトが全く無傷のまま回復していた。
そしてその隣には、身体が薄くなっているティリエルが・・・。

ソラトを守るために、自分の存在の力さえも使ってしまったのである。

これが自分の愛の証明・・・。うわべだけではなかった彼女に、少しで拍手を送りたいものですな。

一方マージョリードと悠二は次々と『燐子』をつぶしていっていたが、サングラスのおっさん『シュドナイ』に見つかってしまい、マージョリードが完膚なきまでに叩きのめされてしまう。

シャナに破れ、自分が何をすべきかもわからなくなってしまったマージョリード。
そんな彼女に対してマルコシアスは厳しく言い放つ。

「いつまでも燻って、自分は抜け殻だからって誰にするでもねえ言い訳して、挙句がこのザマだ。どの口で、誰に文句を言うよ?」

ごめん、ちょっと感動した・・・。マルちゃんいいこと言うじゃな~い♪ただのバカマルコじゃなかったんやね(/_<) セイチョウシタナー!
お父さんは嬉しいぞ!!(←誰がやねん!!)
不良二人組みのこともあり、復活したマージョリード!!

マー姉もツンデレなんですね・・・。( ̄ー ̄)ニヤリッ

やっぱりこれくらいの覇気があってこそマー姉ですよ!!
照れてる姿も今まで見た中でピカイチですな~☆

暴れん坊に変身し、シュドナイのところへ向かい、つかまってしまった悠二を助ける。
そんな悠二をすかさず変態兄妹が追撃を試みるが、火避けの指輪で事なきをえる。
そのままシャナと合流した悠二は、兄妹たちの要である『オルゴール』を発見する。

ティリエルを『贄殿遮那』による炎の螺旋攻撃で撃破!!

魔貫光殺砲に見えた俺はもうだめだーー!!!ヽ(*´▽)ノオテアゲー♪

なんて叫んでいる暇なく、ソラトを華麗なコンボで撃破。
「ごめん・・・」
という言葉を残してシャナはソラトを斬り伏せる・・・。

『愛染自』『愛染他』の名の通り
「自分を愛するソラト、他人を愛するティリエル」

シャナにとってそれは
「ただお互いがすがっている様にしか見えない」
というものでしかなかった。
しかし彼らにとって、それが『愛』なのだと考えていた。

シャナの最後の「ごめん」というのは、そんな彼らの『愛』というものを少しでも理解してしまったからではないでしょうか?

『愛』といっても、一言で表現するのは難しいものですな。

そしてやってまいりました!!今日のメインイベント!!

「ご褒美あげる・・・」

と俯き加減で頬を染めながら、悠二の方を向くシャナ。
(この時点でもはやハートを2連射やられてます)
期待に胸を膨らませる悠二。
そして「キス」なのか!!??と思わせといて

「メロンパンあげる!!」

ズサーc⌒っ゚Д゚)っ (ノ◇≦。) スリムイター!!

おいら的見解で行けば、この展開がものすごく∑d(≧▽≦*)OK!!
「キスしたほうがいいんじゃないの?」と思うけど、そうやって焦らす展開がハートビート!!!
ツンデレはやっぱりこうでないとね♪


校舎裏の展開は、まさに修羅場!!

「悠二は私といるほうがいいんだから!!」

と全く持って身勝手ぶりな表現をする、両者ともども。
恋の行方はいかに・・・。
おいらは壁からそ~っと覗いておきます☆[壁|_-)チラッ

(追記)しかし吉田さんの状況は厳しいですなー。マー姉もシャナもオガちゃんもツンデレだしー。ここで何かひとつ持ってないとね~。

「ドジッ娘属性」とかどう?

(アシスタント)(;´Д`)y─┛~~フゥー~・・・(゚Д゚)コ却下!!!

( ̄▽ ̄;)!!ガーン
スポンサーサイト

コメント
>これが自分の愛の証明・・・。
>うわべだけではなかった彼女に、少しで拍手を送りたいものですな。

愛染の兄妹はちょっち苦手なキャラですが、
それでもアイデンティティを崩すことなく己が信念を全うしたティリエルは敵ながら天晴れといった所です。
ソラトは………………………………………
結局、最期までヘタレなおぼっちゃんのままでした。
でもこれもティリエル同様、自らの本質を体現しているのでしょう。

>マルちゃんいいこと言うじゃな~い♪

自分がマルコを好きになったのもこのシーンからでした。
マー姐さんの復活シーンも「灼眼のシャナ私的ベストシーンランキング」の7位にランクインしています。
それまではどうもただのお調子者って感じがぬけなかったので……

次回からはいよいよ炎髪灼眼の討ち手の誕生編が始まりますね。小説でもこれが収録されている5巻と大戦編の10巻は珠玉の巻だと思っているので、レビュー楽しみです。
がんばってください。
d(^^

sei-chan│URL│2006/01/22(Sun)19:22:17│ 編集
>sei-chanさん
自分のことしか考えないようにできているソラトは、ティリエルが吹き飛ばされているにもかかわらず、平気な顔でシャナの剣を奪いに行くというシーンなんてまさにそうですね。

シャナの誕生編は、あるお方がでるので楽しみです♪

ZERO(ごん蔵)│URL│2006/01/23(Mon)18:16:11│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://atukitisio2005.blog33.fc2.com/tb.php/78-7de144bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
ZEROの生態調査報告
ZEROの友達、ごん蔵君です☆
TAG FRIENDS
mogurazoku.jpg
onsen13.png

最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
着信アリ!

通常着信
every little thing every precious thing(リンドバーグ)
※阪神タイガース藤川球児のテーマ曲

メール着信
ビックブリッジの戦闘(FFV)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。