さまよう旅人 繰るも巡るも 螺旋の季節
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:10:25
『今日の一言』

千草さん強すぎ!!

この手のキャラクターは実は強い!というのがZEROの中ではジンクスとなってあるのですが、これほどとは・・・。
さすがじゃ・・・。


つまんないけど読んでみる。
シャナはアラストールの力を具現化させることによって、炎の翼と炎の刀を扱えるようになっていたが、それを行う為には悠二の力が必要となる。
「零時迷子」
これさえあれば、夜中の0時(シンデレラ?)になると悠二の力は元に戻るので、力を底ぬけなまでに供給することができるということ。

鍛錬を終えて、部屋に戻るシャナと悠二だったが、テレビをつけるとそこには、ドラマでキスシーンをしようとしている男女が!!
しかし
「パチーン!!」
キスをするにもタイミングというの必要なようです。
キスをすることに、どれだけの意味合いがあるのか、まだ深く知らないシャナだった・・・。

体育の授業が終わり、シャワールームでシャワーを浴びる、吉田とシャナ。そこでは女の子同士の会話が「キス」の話題で盛り上がっていた。

シャワーシーンはサービスカットなのか?

「キス」の意味を図書館で調べるシャナ。

そんなところに載ってはいませんよ。

そんなこんなで悩んでいるというのに、あの兄妹は惜しげもなくディープ!!しかも人前、昼間に!!
凄い根性や!!

キスの意味を知りたいシャナは千草にそれを聞いてみる。
「口と口のキスは誓いのようなもの」
悠二とのキスを考えるシャナは、激しく拒否反応を起こすが・・・果たして真意は?

「自分の全てに近づけてもいい、自分の全てを任せてもいい。そう誓う行為。」

果たして人はどれだけこう思っていることだろう。もはや遊びのようになってありふれてしまったキス。こう言っている千草さんの言葉が、メルヘンと感じてしまうそんな自分はもう、もとには戻れないのだろうか・・・。

零時迷子の力に疑問を感じる悠二。
「年をとらないのかな?って」「シャナとずっと一緒にいることになるのかな」
それを聞いたシャナは鍛錬のために繋いでいた手を激しく振りほどく。

うわ~~可愛い~♪

それを見ていたアラストールは千草と会話をすることを望む。

それにしても

「あらす とおる」って(爆笑)

シャナに余計なことを吹き込まないで欲しいと頼む「あらす とおる」だったが、千草はシャナの幼い部分と純真無垢すぎる部分は一度トラブルに巻き込まれると、それに対応しきれなくなってしまうと反論。
ゆるりとしているようで、的確に性格を見ている彼女の観察力ははっきりいってすごいですな☆

「教えるべきことを教えるのに早すぎることはないと思います」

早すぎても、問題だと思いますけどね♪でも、千草さんかっこええ~!

知識として知っていることと、感情として知っていることとは大きな違いがあります。
どれだけの知識があったとしても、それがどのようなものなのかは把握することは出来ない。だからこそ、それをうまく説明して、それに対する危機感、そして心構えを教える必要があるんですね~♪
「キス」ということだけでなく、人と人とがどのように接していくかということを教えることは、どんな教科よりも、大切なことです☆

学校では吉田さんが「お弁当攻撃」を繰り出すが、シャナはそれに対して「メロンパン攻撃」で対抗!!
悠二争奪戦はもつれて行きそうな感じですよ~♪

「悠二・・・お前とは絶対しない!」

ツンの裏にはデレがある・・・。( ̄∀ ̄*)イヒッ
スポンサーサイト

コメント
保護者面談キター━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
シャナについて詳しく知りたい人はここをクリック↓
http://www.shakugan.com/


>シャナに余計なことを吹き込まないで欲しいと頼む「あらす とおる」だったが、千草はシャナの幼い部分と純真無垢すぎる部分は一度トラブルに巻き込まれると、それに対応しきれなくなってしまうと反論。
>ゆるりとしているようで、的確に性格を見ている彼女の観察力ははっきりいってすごいですな☆


これだよこれ!!
一番待ちに待ってたシーンは!!!
ここは小説でも私的シャナベストシーンランキングの中で文句なしのブッチギリのトップに君臨するシーンです。
ああ、やっぱ千草さんええわぁ……
小説版よりちょっち会話がハショられてて原作を読んだ時ほど感動は覚えませんでしたが、それでも十分に見ごたえがありました。
千草さんはホントあらゆる意味で聡明で達観している大人の女性の代表格って感じです。
ここまで書くともうまるわかりかもしれませんが、私はシャナちゃん派でも一美ちゃん派でもなく千草さん派(謎)です。
実をいうとこのシーンの前まではどちらかというとお気に入りキャラは吉田一美さんでしたが、これを機に完全に千草さんがお気に入りキャラトップに躍り出ました。
(^^;
それになんか千草さん見てるとKanonの秋子さん思い出してヘンに心がなごんでしまいます。
やっぱ私は癒し系おねいさん改め癒し系おかあさんが妙にツボに入るようです。
………………………………いかん、こんな発言をしては重度のマザコンかと思われてしまう(ていうか思われてるよな!?)ので今日はこの辺で…………ゲフンゲフン

最後に現時点で登場ずみの私的お気に入りキャラランキング(または嫌いなキャラも一部まじっています。)を発表しておきます。
各キャラについて詳しく知りたい人は公式サイトの「人物紹介」をみよう!!
http://www.shakugan.com/chara/index.html

1.坂井千草
文句なしのブッチギリ一位、聡明で容姿端麗、時には厳しく時には優しく子供たちを見守る母親の鑑のような存在。今回の話でわかるように数千年の時を生きたかの"天壌の劫火"やまだアニメ版にでていないシャナのもうひとりの保護者を自らの見識と思慮を以って論破してしまう女傑。時々みせる天然ボケがチャームポイント。Kanonの秋子さん並に実年齢が読めない魔性の女性。彼女の夫である悠二の父親はまだアニメには登場していないが、外伝として彼女の若い頃のエピソードを激しく求む。今までも、そしてこれからも迷える少年少女たちを導いてくれることだろう。

2.吉田一美
千草さん&アラストール保護者面談の登場で一歩後退したが、それでも好きなことにはかわりなし。奥手だが可愛くて心優しいそして料理がうまく、さらにいざという時には強い意志を持って行動できるリアル社会に存在したならば確実に野郎どもからモテていたであろう彼女にしたい女の子No.1。シャナとの悠二争奪戦はアニメでも小説でもまだまだ決着がつかないが個人的にはこちらを応援したい。実現していませんが、個人的に望むのは吉田さんが悠二を守るためにシャナと対等にフレイムヘイズになるという展開です。急求ム!!

3.シャナ(平井ゆかり)
"天壌の劫火"アラストールのフレイムヘイズ、炎髪灼眼の討ち手。いわずと知れた本作の主人公にして無敵のヒロイン。最近、流行りのツンデレブームの期待を一身に背負って戦う無垢なる少女。
(^^;
その戦闘時においての冴えと日常生活における鈍さのアンバランスがなんとも由。今度の愛染の兄妹との対決はシャナの精神的成長に大きく拍車をかけること間違いなし。
乞うご期待!!

4.アラストール
シャナと契約している紅世の王。真名を"天壌の劫火"。マルコシアスとは対照的な厳格で理知的なシャナの父親的存在。最近は娘が彼氏をつれてきて激しく動揺するパパみたいな役どころがなかなかツボにはまって由。

5.マルコシアス
フレイムヘイズ弔詞の詠み手、マージョリー・ドーと契約している紅世の王。真名を"蹂躙の爪牙"。小説でもアニメでもおどけた口調が印象的だが、その軽薄さの中に心優しい一面も持っているイカしたナイスガイ。ホントはもっと順位が下だったがCVの岩田光央氏の演技力のおかげで一気にランクアップ。

(以下コメント短略)
6.緒方真竹
女子代表クラスメイトその1。通称オガちゃん。いかにも体育会系なさわやかさと力強さがチャームポイント。
7.池速人
男子代表クラスメイトその1。通称メガネマン。いかにも学級委員長タイプで場の調和と吉田さんへの思慕に板ばさみになる。こういう立場のキャラは王道的に主役キャラに勝てないのがはっきりしているのに一途に思う不幸な男。種ガンダムのサイのようなポジションである。
8.坂井悠二
エロゲの主人公並みになぜこんなにモテるのか意味不明な男。ヘタレ属性を相変わらず保持したままですが、今後の成長に乞うご期待。
9.マージョリー・ドー
気風のいい姉御肌で不良どもから「姐さん」と慕われている。フレイムヘイズ屈指の殺し屋、弔詞の詠み手。一時はシャナと対立したが最後には最も頼れる味方に?
10.田中栄太
不良代表その1……といわれているがどうみてもそんなに悪そうにみえない。むしろ好感がもてる純情クン。
次点.佐藤啓作
不良代表その2。小説版では田中より上だったが、アニメ版ではいかにも不良じみてて協調性のなさそうな所がムカつくのでこんなところ。

とこんなんでございました。
コメント、長くなってごめんなさい。
m(__)m

sei-chan│URL│2005/12/25(Sun)19:43:27│ 編集
こんばんわぁo(^-^ o )(ノ ^-^)ノゃぁゃぁ♪
コメントありがとう♪
シャナはそこまで来てるのですね。アニメの方は見ていないのですが…。原作は読んでます(今、6巻で止まってますけど…(^_^;)
なかなか面白味のある本なので、11巻まで読破したいのですが何かと忙しくて読む時間が…(ノ_・、)シクシク
年末年始の休暇に頑張って読もう!

忘年会、楽しまれましたか?w

なくる@管理人│URL│2005/12/25(Sun)20:46:46│ 編集
ありがとうございます
>なくる@管理人さん

どうもこんにちは。
おお、原作読んでらっしゃるのですか!?
アニメから「灼眼のシャナ」を知ったという人はいるのですが、原作から知っていらっしゃる方にはなかなか出会えなかったのでそれはうれしい限りです。
是非、読破してシャナの世界をもっと堪能してください。

>忘年会、楽しまれましたか?w
実はイブの夜が忘年会でした。w
一緒に過ごす恋人もいない私めは昼は友人ととあるイベントへ、夜はその延長線上で大学時代の友人と忘年会にいっていました。
そんなわけで、イブに期待されるようなロマンチックな展開とは程遠いものでしたが、昼のイベントが楽しくて忘年会ではそれをネタに盛り上がれたので個人的には楽しめました。

後、ZERO(ごん蔵)さんにお願いです。
ホントに面倒だと思いますが、
シャナレビューでZERO(ごん蔵)さんのお気に入りキャラランキングが知りたいので、もしやってくださるのならよろしくお願いします。
m(__)m
でも私のコメントで書いたような長ったらしいキャラ紹介は面倒だと思われるならハショって下さって結構です。
後、前コメでは書きませんでしたが
私的逝って由ランキングも存在します。

1.フリアグネ様
フレイムヘイズ殺しの紅世の王。真名は"狩人"。人形に懸想するキモいヘンタイさん。初登場からあれだけ大物っぽくひっぱったくせに、ちょっと形勢が悪くなると精神の均衡に異常をきたし、あっさりとやられてるあたりが激しく萎えた。こんなのを守るために命をかけてシャナに立ち向かったマリアンヌはうかばれない。根性ナシ、ヘタレ、キョシヌケ(それはもうデス種ガンダムでアスランのI・ジャスガンダムに見せ場もないまま瞬殺された某主人公もどきのごとく)

2.シャナに蹴り飛ばされた体育の教師
幸い、私の学生生活においてはこのようなタイプの教師とは出会いがありませんでしたが、ホントにいたらマジでヤクザキックで蹴り飛ばしたくなるタイプ。
教師になってはいけない見本例。
もちろん個人的には大嫌いなタイプですが、ここに載った最大の要因は吉田さんをイジメたから。

3.シュドナイ
強大な力を誇る紅世の王。真名は"千変"。グラサンとオールバックでニヒルなハードボイルド感をただよわせているが、実は××××(アニメ未登場キャラのため名前を伏せます)に懸想しているだけのただのロリコンオヤジ。

4.ティリエル
自在法に長けた紅世の徒、愛染の兄妹の妹。真名は"愛染他"。公衆の面前にもかかわらず兄とディープキスを繰り返す破廉恥極まりない女。真性サ○属性満載のイジメキャラ。

5.ソラト
愛染の兄弟の兄。真名は"愛染自"。妹にまったく頭があがらないヘタレなおぼっちゃん。真性マ○属性全開のくせに我欲のおもむくままに様々なモノを欲しがるごうつくばり。

sei-chan│URL│2005/12/25(Sun)21:40:25│ 編集
>sei-chanさん
な、長い・・・。
キャラクターランキングは作ろうとは思うのですが、原作も読まず、さらにアニメも全部終わっていない段階でつけてしまうのはどうしても抵抗がありますなー♪
「中間発表」として出してもいいんですけどねー☆
それだと、誰かさんがぶっちぎってしまいので・・(汗

>なくるさん
忘年会は結局、アルコール分を全然摂取しませんでしたー♪
ノンアルコールやカシスウーロンなどなどでごまかしていきましたよ~☆
おいらの場合、慢性的な怠けグセと、活字恐怖症(うそ)なので読むのは相当時間がかかるでしょーなv-40

ZERO(ごん蔵)│URL│2005/12/26(Mon)08:47:02│ 編集
あはは、ごめんなさい。(^^;
私的ベストシーンがでたせいか、いつもより気合の入ったコメントになってしまいました。
つらつらとしょーもないことを書いてしまい申し訳ありません。
キャラクターランキングについてはホントにただの希望なので気が進まないようでしたら仰るとおり全てが終わってからでも全然おっけーです。
これからもシャナレビューよろしくお願いします。
m(__)m

P.S
先日はデス種の補完録をみてました。
真OPでてましたね。
てかOP最初からこっちにしとけよ!!!
あ、ひょっとして後から発売されるDVDでは第四クールのOPこっちになるのかな?
別にケミストリーが嫌いなわけではないですが(むしろ個人的には好きなアーティストに入ってます)、やっぱあの曲調はデス種には合わんでしょう。

sei-chan│URL│2005/12/26(Mon)12:01:10│ 編集
>sei-chanさん
はてさて、昨日のデス補完はどうだったものでしょうか?
一応録画はしておるのですが、まだ見てません。
50話のレビューも残っているので早く見なきゃと思うのですが、どうも気が乗らない・・・。
ケミストリーは雰囲気は良いのですが、ガンダムには合いませんね。ただその一言です。

ZERO(ごん蔵)│URL│2005/12/26(Mon)18:00:12│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://atukitisio2005.blog33.fc2.com/tb.php/57-9999f0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
ZEROの生態調査報告
ZEROの友達、ごん蔵君です☆
TAG FRIENDS
mogurazoku.jpg
onsen13.png

最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
着信アリ!

通常着信
every little thing every precious thing(リンドバーグ)
※阪神タイガース藤川球児のテーマ曲

メール着信
ビックブリッジの戦闘(FFV)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。