さまよう旅人 繰るも巡るも 螺旋の季節
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
17:49:12
『今日の一言』

最近シャナが身なりに注意しているようです。前回はツインテールだったのに対し、今回は

ポニーテール!!

だめだ・・・(w_-; ウゥ・・
やっぱりおいらは、このウマの尻尾に弱いようである・・・。
あの揺れる感じがダメ!!!俺はネコじゃらしに戯れるネコか!?
そんな可愛いもんじゃねーーー!!!゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o コノヤロー!!

「効果はバツグンだ!!」(参照:ポケモン)


追い討ちを掛けてみる
先週のぷるるんだった吉田さんがセーラー服に変わると、なぜかこじんまりとしてしまう・・・。

「私、脱いだら凄いんです」

いや、凄すぎっていっても限度があるから・・・。
あんたの場合、セーラー服は四次元ポケットか!!?

シャナとの朝の鍛錬で早速悠二はダメップリを発揮してしまう。
「じゃんけん覚えたばっかりなのに~!」
とシャナにダメだしをしている暇があったら修行をしなさい!!
そんな悠二くんの日ごろの行いがたたったのか、洗濯物入れにすっぽりとはまってしまい、無理矢理抜いた途端、ズボンがビリッ!

自分の弱さと恥ずかしさをシャナに見られた悠二はそのまま学校へ。

そんなところへ千草さんが!!
「男の子って、気になる女の子の前では強がるものよ」
でいうか

洗濯物に気がつきなさいよ!!バラバラじゃん!

でもそんな千草さん、最高だよー♪(>▽<)b OK!!


学校で吉田さんとともに図書委員のお手伝いを頼まれてそれを引き受ける悠二。
しかし、ひとり「ダメ!!」という人が!
朝シャナとの稽古を放課後にするという約束をほったらかしにしていたのだから、怒るのものも当然!!

は~(〃´o`)=3 フゥ~つくづく甲斐性のない男ですなー

吉田さんが作ってきてくれたプリンをみんなで食べている中、シャナは

「おいしいけど・・・おいしくない」

と心のどこかで思う。。。

図書委員の仕事を悠二と一緒に出来る至福のひとときを味わう吉田さん。そのまま告白か!?
と思いきや、シャナのことをたずねてしまう。
そんな事を聞いてしまった自分を「バカバカ」と思いつめる。

あ~すっげ~青春時代・・・いいな~。おいらももどりて~(泣)

千草さんのお古を着たシャナは学校から帰ってきた悠二を連れて河原沿いで修行しようとするが、悠二は「もう遅いから」と断ってしまう。

戦意喪失な悠二。
そんな悠二を見てシャナは「戦いが始まれば、悠二もきっと」

しかし、悠二は来なかった・・・。

突如「燐子(りんね)」が現れ、その倒滅に向かうシャナ。
悠二は行かない。
そんなところへ千草さんの一言が!!

「そばにいるだけで、力になれることってあると思うの」

その言葉を受け、仕方無しにもシャナの元へ向かう悠二。

そこには残り少ない命にすがる燐子を切り刻むシャナがいた。
斬れば斬るほど、シャナの心が痛む。

倒滅完了・・・。

そこへ悠二が・・・。

「苦しいよ悠二・・・ひとりだと苦しい」

責任転嫁は二人のほうが分け分けになるってことでしょうか?

でも、徒の倒滅はだれかがやれなければならないこと。
世界の均衡を守るためには・・・。
しかしシャナの小さい体、そして心は、それをどこかで拒んでいたのかもしれない・・・。

というより誰だか知らんが、兄妹でディープは絶対しねーぞ!!
気持ち悪い!!

次回は再びサービスタイムが満載のようですよー!!!
スポンサーサイト

コメント
(c ̄- ̄) コッソリ(シャナってなぁに?)

あー│URL│2005/12/21(Wed)10:11:42│ 編集
>あーたん
ふふふ・・・オタクの世界は広いのだよ・・・v-37

ZERO(ごん蔵)│URL│2005/12/22(Thu)10:01:10│ 編集
変態兄妹(+グラサン)キター
実をいうとこのあたりの話は
小説で一番好きなシーンが多いのでかなり楽しめました。
来週も予告を見る限りかなり期待できそうです。

>というより誰だか知らんが、兄妹でディープは絶対しねーぞ!!
>気持ち悪い!!

原作でもシャナが同じこと言ってました。
もちろん、私も同意見ですが、
この二人(特に妹の方)は単なる敵というだけでなく、
お互いの「愛する」という心の有りようを語ることで、
後々のシャナの精神的成長(もちろん悠二に関すること)
に大きく貢献します。
主人公の成長を描くにはこういう敵キャラが
必要なのかもしれないです。

>図書委員の仕事を悠二と一緒に出来る至福のひとときを味わう吉田さん。そのまま告白か!?
>と思いきや、シャナのことをたずねてしまう。
>そんな事を聞いてしまった自分を「バカバカ」と思いつめる。

ふっふっふっ、そう慌てずとも近いうちにそれは実現するかもしれませんよ。
とその前にシャナへの恋敵としての宣戦布告が先かもしれませんが……


sei-chan│URL│2005/12/22(Thu)19:48:56│ 編集
>sei-chanさん
乙女回路が起動するってことですね~♪
シャナはまだまだ恋心というのには疎い状態です。
そこからどうやって恋愛感情を絡ませていくのか・・・。
なかなか見ものですな・・・ひひひv-37

ZERO(ごん蔵)│URL│2005/12/25(Sun)12:14:30│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://atukitisio2005.blog33.fc2.com/tb.php/49-e834c825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
ZEROの生態調査報告
ZEROの友達、ごん蔵君です☆
TAG FRIENDS
mogurazoku.jpg
onsen13.png

最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
着信アリ!

通常着信
every little thing every precious thing(リンドバーグ)
※阪神タイガース藤川球児のテーマ曲

メール着信
ビックブリッジの戦闘(FFV)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。