さまよう旅人 繰るも巡るも 螺旋の季節
2010/02«│ 2010/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/04
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:09:06
またまたバイクで事故をしてしまいました。。。

バイクがこの前の事故で金ぴかになって帰ってきたのも束の間。2ヶ月後にまたこのありさまであります。。。

当日は、なぜか、事故のことばかりを考えてしまい『今後はこういうことがないように』と思っていた矢先のこと。

ケガは左足と左手のひらの挫傷、それほどひどいものではないのですが、深刻なのはトラウマです。

今日は、事故現場でしばらく置きっぱなしだったバイクを会社まで運転して持っていったのですが。

よく、バイクを運転していたよな。。。

原付並のスピードで走っていたら、トラックにあおられたりすると、恐怖心ばかりが自分の中で露呈してました。

今後はバイクに乗るか、それとも乗らないか。この選択肢に悩まされると思います。

また悩みすぎてハゲるな~~。。。。
スポンサーサイト
22:04:35
バンクーバーオリンピック

なんだかんだいって、ものすごく楽しんでしまった!!!

正直、冬のオリンピックっていってもな・・・あんまし興味なし。。。

とか思っていたんですが、上村愛子選手のモーグルでの涙がおいらの心に火をつけましたな。

『なんでこんな一段一段なんだろ』

自分自身としてはスタイルを貫き通せたせたのだけれども、メダルに手が届きそうで届かない、そんなもどかしさ。

見ている側としては「よく頑張ったやん!!」とか言いたいけれど、納得いかないんやろなとか。

かつてはオリンピック見てても『すげ~』とかしか思わなかったけれども、最近はそんな心模様とかが垣間見えてきて、一人一人、出場している選手達の中にはドラマがあるんだなと、とてもハートビートです。


石原都知事の「銅メダル如きでよろこびすぎだ」発言には賛否両論ありますが、ZERO個人としては2通りの意見があります。

国・地方自身が主立って選手達を育ててきたと言う自負があるのであれば、この言葉は意味を持ってくると思います。
ただ、なにもせず、ただひとりの視聴者としてこの言葉をほざくのであれば「何様やねん。なにもしとらへんやつが、大口たたくない」と反発します。

今の現状としては、後者のほうが正論ですかね。

もし、国としてメダルを期待するのであれば、積極的に国が動くべきなのではないか。
そして個人レベルでも「オリンピック基金」とか作って、選手達に寄付できるようなシステムも必要なんじゃないか。

この1ヶ月の感動に対する代償として、それくらいのことをやってもいいんじゃないか??と思った次第であります。
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
ZEROの生態調査報告
ZEROの友達、ごん蔵君です☆
TAG FRIENDS
mogurazoku.jpg
onsen13.png

最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
着信アリ!

通常着信
every little thing every precious thing(リンドバーグ)
※阪神タイガース藤川球児のテーマ曲

メール着信
ビックブリッジの戦闘(FFV)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。