さまよう旅人 繰るも巡るも 螺旋の季節
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:26:22
誰かの言葉で自分の考え方が変わったり、生き方が変わったり、自分自身が変わったり、そんなことってたくさんありますよね。
変化することは、簡単なようで難しく、難しいようで簡単でもある。

このテーマでは「いまここにいる僕」というカテゴリにちなみ、ZERO自身がとても感銘を受けた言葉を紹介していきたいと思います。

ま、ほとんど、漫画やアニメからですがね。。。

記念すべき第1号は!!!!!!

touch19.jpg

あだち充氏の「タッチ 19巻」です。

『新田由加』に片思いをしている軟弱な野球部の少年『佐々木』が、あるとき暴漢に襲われそうになった新田由加を助けようとして腕を刺されてしまう。(結局、新田由加がその暴漢をやっつけてしまうのだが)

後日、『上杉達也』が腕立て伏せ200回をしたのを見て、佐々木はその姿と自分とを比較し、自分の弱さをひがんでしまう場面である。佐々木に対して上杉達也が言った言葉がとても心に残っている。

「そのケガはなんだったんだ?腕立て伏せ200回も刃物も同じだろ、最初からビビッてたらそれまでだぞ。やればできるかもしれねえし、やらなきゃなにもできねえ。なんてわかりやすい話だこと。なにも考えずに飛びだしてみろ。たとえ失敗しても名誉の負傷だ」

この言葉がZEROに変化を与えました。

なにもせずに終わってしまうのと、なにかしたけど失敗に終わったのとでは大きな違いがあります。
なにもしないということは、そこからは何も生まれないということ。じゃあ、どうするのか??

「無理無理言ってないで、まずはやってみろ」

自分へのエールとして、心に刻まれた言葉のひとつです。
スポンサーサイト
プロフィール

ZERO

Author:ZERO
ZEROの生態調査報告
ZEROの友達、ごん蔵君です☆
TAG FRIENDS
mogurazoku.jpg
onsen13.png

最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
着信アリ!

通常着信
every little thing every precious thing(リンドバーグ)
※阪神タイガース藤川球児のテーマ曲

メール着信
ビックブリッジの戦闘(FFV)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。